世界で2番目に売れているシングルモルト、かるっ軽でした。

正規品、しかもスコッチ史上に欠かせない定番品はスルーしがちでした。いつでも飲めるし。やれボトラーズだ、限定リリースだ。そんな目先の新しさ、珍しさのほうにつられてしまうのです。でもやっぱり、基礎を疎かにして全体を語ることはできません。根源を知らずしてどーする。

グレンフィディック18y エンシェントリザーブ(ウィリアム・グラント&サンズ)

  • 香り…キャラメル、マンゴ、アップルパイ。ナッツさも少し。加水するとカスタードクリーム。
  • 味…ライトボディ。ビターチョコ、ドライフルーツの詰め合わせ。後口は意外にチクチクする。加水するとスカスカに。
  • 総評…説明不要の王道スコッチ。万人受けするオールラウンダー。飲み方は自由でいいんじゃないかな。
  • 次に飲むのは?…同じ系統で、グレンリヴェット18y。

@カドヤ黒門町スタンド

グレンフィディック18 エンシェントリザーブ

オロロソシェリー樽の原酒とバーボン樽の原酒とを後熟させたもの。バランスの良い優等生ですが、年数ほどの熟成感はなかったなぁ。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性