シーバスリーガル13年エクストラ オロロソシェリーカスク、軽甘な。

シーバスリーガル13年エクストラ オロロソシェリーカスク

シーバスの派生版です。
側面を強調したのかもしれませんが、むしろ広範囲に訴えているようでした。
もしエントリーとして飲むなら、愉しい一杯になることでしょう。

シーバスリーガル13年エクストラ オロロソシェリーカスク(Chivas Regal 13y Extra Oloroso Sherry Cask) 40%

  • 香り…蜜のような香りが支配。バニラ、メープルシロップ、ハニーコム、カシューナッツ、洋梨。
  • 味…甘さが強い。ライトボディ。蜂蜜、トフィ、ミックスドスパイス。
  • 総評…シェリーな押し付けがましさはなく、肩の力が抜ける軽甘な香味。

83点

@Willow’s

シーバスリーガル13年エクストラ オロロソシェリーカスクをテイスティング

スパニッシュオークの1stフィルのオロロソシェリー樽を使用していて、甘さ前面です。
がしかし、シェリー樽の先入観で行くと、肩すかしを食らうかも。
甘さ以外に主張はなくフラットですが、キーモルトのストラスアイラがドヤ顔でいる感じ。

シーバスのエクストラ13年は樽違いのシリーズで、このオロロソシェリーのほか、ライ、バーボン、テキーラ、ラムの4種類を展開。
いずれも日本未発売で並行輸入のみです。
どなたかそのほかのシリーズ情報、お教えください。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人|ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート|SMWS会員|訪問したBAR国内外合わせて200軒超|会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年)|ひとり歩き|健全な酒活|ブログは不定期更新2,000記事超(2022年11月現在)|ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性