遊び心が生きてた銀座ソニーパーク。

ソニービルの跡地にできた銀座ソニーパークに立ち寄りました。いやはや面白い遊び場と化していてびっくり。思わぬ道草を食っちゃいました。

屋外(地上)は植林がされていて、中2階まで珍しい木々でいっぱい。晩白柚(バンペイユ)なんてのも植わっていました。なんと売り物だそうで、触らないほうがいいみたいです。ポップアップストアで「TORAYA CAFE」もできていて、餡ペーストかき氷やラム入りかき氷が売られていました。

銀座ソニーパーク バンペイユ

銀座ソニーパーク トラヤカフェ

意外に面白かったのが、かつてソニープラザのあったB1~B2。2018年9月24日までの期間限定で、ローラースケートが滑れるんです。こじんまりしたオーバルのコースですが、正面には大画面モニターとDJブースが併設されていて、大人から子供まで楽しめる趣向。

銀座ソニーパーク地下でローラースケート

さらにその下の階ではアーケードゲームを模したコーナーも。なんと無料で、インベーダーゲームやエアホッケーがプレイできるんです。卓上で指を滑らせながらプレイします。両方やってみましたが、僕はインベーダーゲームは1面クリアするのがやっと。エアホッケーは、パックの模様が変えられるんですよ。

銀座ソニーパーク インベーダーゲーム

銀座ソニーパーク エアホッケー

どうしてもアップルが話題になりがちですが、かつてのイノベーターといえばソニーでした。「かつての」と言いましたが、いやはやこういうアソビ心を見ていると、まだまだ捨てたもんじゃない。こういうセンスの良さは、根底に流れるスピリットとして深く根付いているのかもしれません。

晩夏の銀座にお出かけの際、ちょっと数寄屋橋交差点のシンボルに立ち寄ってみてはいかがでしょ?

銀座ソニーパーク

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性