麻布十番「ナニワヤ・カフェ」で氷ラムネ。

週末の土曜日。東麻布のモーニングトン・クレセントでイギリス菓子を買った帰り道。いつもはまっすぐ帰るんだけど、ちょっと麻布十番の商店街を歩きたくなって、猛暑の中、酔狂にも散歩してきました。

この商店街は有名店も多いのですが、都営大江戸線で麻布十番駅ができてから、いっそう注目を集めるようになりました。いくつかの店に立ち寄る中で、あまりの暑さに「浪花屋総本店」に避難。

ここは先代のご主人が子門真人さんの「およげ!たいやきくん」のたい焼き屋さんのモデルになったといわれるお店で、1階でおなじみのたい焼きが売られています。その2階で喫茶ができ(その名も「ナニワヤ・カフェ」)、たい焼きやコーヒーはもちろん、焼きそばやかき氷もいただけます。

というわけで、メニューを見た瞬間、決めました。「氷ラムネ」です。

たぶん氷にラムネをサラサラとかけていただくのが正解なのでしょうけど、氷の乗った皿の下のほうにシロップが沈んでいるので、「氷とラムネを別々に」「氷にラムネをかける」という、一皿で二度おいしい楽しみ方ができます。

お隣には男性が氷宇治金時を、その隣では焼きそばを、と皆いろんなものを食べてます。家族連れから一人客まで、いい雰囲気でした。また来よう。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性