リズム感とメリハリ。

働く時間に規則性があると、決まった時間に起床し、労働し、飲食し、家事し、就寝する。そんなことを誰もが自動的に行っていると思いますが。少なくとも勤務先のある人は、そんな感じですよね。

平日詰め込んで働き、土日祝などの休日に遊ぶ、休む。これが未だサラリーマンのスタンダードでしょう。

こういうメリハリが大事、バランスが大事、平日でも残業不要なときは早く帰りましょう、ってな風潮です。当たり前といえば当たり前ですが。

これをもう少し進化させたいんですよね。

前々から言っているのですが、働きながら遊ぶ、遊ぶように働く。この感じです。これが実現すると、どちらも崩さずに、生活にリズム感ができてくる。

自分の場合は勝手なもので、メリハリがききすぎると働きたくなくなるんです。休日明けがほんとうに嫌だし。

休みはもちろん必要。長期休暇は昨年取得しました。その中で少しずつやりたいことを実現しているのですが、まだまだ物足りませんね。そのために平日の活用です。

オンとオフのメリハリと、オンもオフも包含したリズム感。それを突き詰めていきます。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性