クリスマスに見たい映画『ラブ・アクチュアリー』と、その続編。

クリスマスの時期に観る映画。しんみりしてもいいのですが、洋画では高揚感のあるものが観たいんですよね。

ラブもので好きな映画、たくさんあるのですが。この時期、『ラブ・アクチュアリー』(Love Actually、2003年イギリス/アメリカ、リチャード・カーティス監督)はハズせません。未見の方、ぜひチェックしてみてください。いわゆるグランドホテル形式ですが、豪華というよりも質実剛健なアンサンブルキャストと、練られた脚本と演出。どれをとってもよくできた映画です。

昨年、この映画の続編が製作されました。残念ながら劇場公開ではなく、英BBCのチャリティ番組内でテレビムービーとして放送されたんです。

タイトルは『レッド・ノーズ・デイ・アクチュアリー』(Red Nose Day Actually、2017年イギリス、リチャード・カーティス監督)。恋に夢中の人、結婚した人、失恋した人。前作の人間模様のその後が、同じキャストで展開されます。

IMDbでトレーラーが見られますので、よろしければ。

『ラブ・アクチュアリー』にせよ、短編の続編にせよ。この映画がいいのは、単なるハッピーエンドとして終わらせていないこと。もちろん、ハッピーエンディングのエピソードもあるのですが、自分ではどうしようもないことや、自分の弱さのために恋が上手くいかない人のエピソードもしっかり描いている。

それらがパズルのピースのように組み合わさり、原題の通り「愛はいたるところに」「愛って、実のところ」のダブルミーニングと分かる。少し引いてみると、ちゃんとテーマになっているんです。ワーキング・タイトルって、ほんとうにいい映画をたくさん作りますよね。

なかなか劇場で映画を観る時間を確保するのが難しくなっちゃってますが、この12月くらいはわずかでも映画鑑賞の時間に充てたいです。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

紙もウェブもやる編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性