トーハクはいつ来ても和める。

トーハクでお花見

予定がないとき、上野公園を歩いたとき。東京国立博物館はスルッと入れるスポットです。

話題の企画展(特別展)をやっていても、約12万㎡もの敷地と5つの展示館にお客さんが吸収されるので、「人ごみに飲まれる」ようなことはない。

屋外はもちろん、展示室のいたるところにベンチがあり、通路は広々。国宝や重要文化財に囲まれながら、ひと息つくことができます。

今日は本館北側の庭園散歩。個人的にも毎年の恒例行事になりました。今年2019年は5月19日(日) まで庭園が公開されています。

2019年春、東京国立博物館庭園のオオシマザクラ

目当てはこのオオシマザクラ。先週のほうが良かったかな。ちょっとピークは過ぎたかもしれませんが、これを落ち着いて見上げられるだけで十分。

この庭園はオオシマザクラをはじめ、約10種類の桜が咲きほこります。桜のトンネルを、ぶらぶらとくぐるの、なかなかいいもんです。

毎年この時期は、本館も桜にちなんだ作品が展示されます。

来るたびに、外国人ツーリストが多くなった感。ガイド付きツアーで来ている団体さんや、スタンプラリーに参加している人たちもいて、なかなかいい感じ。

ルーブルも大英博物館もいいだろうけど、日本独自のものも楽しんでくれたらいいなぁ。日本を楽しんでね。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性