銀座のフライターグでショッピング。

フライターグ銀座店

FREITAG=フライターグのバッグが好きで、日常使いして20年以上経ちます。そのアジア初の直営店である「FREITAG Store TOKYO GINZA」に行ってきました。見るだけのつもりが、結局バッグを買っちゃった。

フライターグはバッグ、アクセサリーを展開するブランドです。フライターグ兄弟によって1993年にスイス・チューリッヒで設立されました。

その材料がユニーク。大型トラックの荷台の幌、取っ手はシートベルト、そのほかタイヤのチューブ、エアバッグなどの、いわば廃材をベースに製作しています。クルマが好きで乗る人は、だからバッグに触れただけで、どの部分がもとになっているかすぐにわかるはずです。

メッセンジャーバッグからトートバッグにリュック、名刺入れ、iPhoneカバーまで、バリエーションも増え続けています。「MIAMI VICE」「HAWAII FIVE-0」など、刑事ドラマのタイトルや登場人物にちなんだネーミングも面白い。

フライターグは日本を含む世界450セレクトショップで購入できます。このフライターグ銀座店はアジア初の直営店として、2019年10月でオープンから丸8年。ほかに渋谷、大阪に直営店舗があります。

今使っているラップトップバッグの「ROY」がだいぶ年季が入ってきたため、そろそろ買い換えたいなと思っていたので、銀座店で下見でもするかを思ったのですが。すてきなカラーリングの「STERLING」に遭遇し、結局は購入しました。

フライターグ銀座店でお買い物

銀座店は銀座1丁目にある2階建ての店です。中央通りのハリーウィンストンの路地を入って2分ほど歩いたところにあります。

壁一面に商品が整然と並ぶ光景は、いつどこで見てもワクワクしてしまいます。商品はボックスにしまわれていて、その引き出しを開けて、上からのぞいてお気に入りの柄を探すのもまた楽しいんです。ボックスにバッグの写真が貼り付けられていますが、色味は実際に見たほうがいいです。

レジで会計すると、そのままのテイクアウトを勧められました。商品を入れる箱や袋はごみになってしまうことが多いことから、必要とする場合は有償で行うそう。フライターグならそれさえもかっこよくデザインしてそうですが、勧めに応じてそのまま肩に引っ提げて帰りました。無駄にしない、ごみを減らす。ユーザーもそれにさらっと協力できる。いいですね、こういうの。

それにしてもフライターグ、飽きずに長く使わせてもらってます。キラー通りにあるワタリウム美術館のミュージアムショップ、オン・サンデーズで最初に出会った衝撃は忘れられません。

以来、国立新美術館やPASS THE BATON、アーバンリサーチのようなセレクトショップに行くたびにフライターグを漁っていますが、直営店の品ぞろえはさすが。これからも、ちょくちょく覗いてみます。

フライターグ銀座店の1階

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性