沖縄上陸とLCCと泡盛。

出張で沖縄に行ってきました。滞在約5時間半の日帰りです。その帰路、那覇→成田の便(所要時間1時間55分)でLCC(バニラエア)を利用したのですが、意外に良い発見がありました。

LCCのデメリットとして、
・定刻から遅れることがある。
・離発着場がターミナルから遠く、空港内の移動に時間を取られる。
・座席が狭く、機内サービスも大手キャリアと比べてシンプル。

などが挙げられます。

クライアントとのアポの時刻に遅れるわけにいかないので、行きは羽田→那覇にJALを利用。LCCは機材調整でやり繰りしていることも、出発が定刻より遅れる一因と聞きました。

上記でいきなり難点を挙げましたが、裏を返せば、これらを許容できればノープロブレムです。

メリットはひとつ。
・運賃が安い。

え、利点ってこれだけ? いやいや十分と思いません? 価格がすべてを補っているといっても過言ではないんです。

空港内の移動については、歩くのが困難な方以外は大丈夫でしょう。座席の狭さも国内線の移動時間くらい我慢できますよね(そういや英国航空のエコノミーのシートピッチがこんな感じでした、いやはや)。機内サービスも同様です。

正直LCCにはあまり良い印象を持っていなかったのですが、わずか2時間のフライトで見方が変わりました。体験せずに語ることなかれ、ですね。

ひと昔前は「国内より海外に行くほうが安い」と、日本国内を旅行することが「お高い」かのような言われ方をされたものです。それがLCCの登場と定着により、国内の移動時間は短縮、運賃も安い(従来の約3分の1の路線もある)とあれば、そりゃ人気が出ますよね。

心配なのは、大事故が起きてしまったとき。これまで日本のLCCが絡む大事故はないですが、不幸にして起きてしまったそのときこそ、LCCの真価が問われるでしょう。

「安全軽視」「コスト追求が整備現場を圧迫」などと書かれてしまう恐れはありますが、影響を最小限に食い止めるのも事故対応次第と思います。補償問題については、まぁ難しいでしょうね。それもひっくるめてキャリア利用者=乗客の許容度が問われます。当たり前ですが、選ぶ側が成熟しないとね。

那覇空港→成田空港行きバニラエア

それにしても沖縄、3月22日の訪問でしたが、けっこう暑かったです。空気が微熱を帯びているというか、肌に当たる風の質感がまったく違う。

帰り道、国際通りから市場本通りに入ったところにある料理屋さんでは、普通に冷房が効いてましたし。人生初の沖縄、仕事でなければもう少しゆっくりしたかったところですが。とはいえ、魅力の一端を垣間見ることができました。

泡盛「咲元美酒」

市場本通り「ぼんぼん」で泡盛

あ、いただいた泡盛は「咲元美酒」(30度)。美酒と書いて「うましさけ」と読ませます。こちらのお店「うなぎ蒲焼専門店 味の店ぼんぼん」さんでなければ飲めない銘柄とか。古酒の趣きを思い起こさせる、こっくりとした泡盛でした。

人生初の沖縄、人生初のLCC、楽しかったです。

沖縄国際通り

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性