サブスクのサービスを複数解約。

ちょっと購読しすぎのきらいがあり、サブスクリプションのサービスを見直してみることにしました。すでに有料のnote2本、オンラインサロン1つ、アプリ1つを解約。

まだ他にも「どうしようか」と迷いつつ加入しているサービスはあるのですが、長考に入りたいと思います。

解約したサービスについて言えることは、結局「使っていない」んですよね。アクセスしない、読まない。ほんとうに面白ければ、アクセスし、使いますよね。決して嫌いになったわけではないのに、使わない。そこに時間を充てようとしないということは、少なくとも今の自分には必要ないものなんしょう。

人は心理的に月額5,000円未満なら、負担に感じずに有料サービスに加入するそうです。おそらく数千円の自動引き落としなど屁とも思わない人が、意識せずに続けているものはけっこうあるんじゃないかな。こうやって固定費がかさんでいくのですね。

自分も含めこういう人たちに、家計見直しのようなキーワードを挙げても響かない。ですが、ちょっとのきっかけで購買行動って変わります。意識して変化を起こすのは言うは易しでほんとうに難しいですが、変化の機会を捉えたときは逃さずにいろいろ試してみるようにします。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性