オーシャンズ タムドゥー21年。飲みやすさと深さのバランス絶妙。

オーシャンズ タムドゥー21年

ステラーセレクションやブロッサムズなどのプライベートボトルも手がけるウィスク・イー。一連のシリーズのひとつ「オーシャンズ」の第20作、タムドゥー1997をいただきました。

オーシャンズ タムドゥー21y 50.8%

  • 香り…強め。香水をまとったかのような甘さが覆う。麦芽、カスタードプリン、ナツメグ、レーズン、コーヒーロール。
  • 味 …チョコレートケーキ、マーマレード添えのアフォガート、青口は辛子れんこん。余韻は長め。
  • 総評…鼻から抜ける甘感がたまらない。香水のような甘い香り、甘い果実のような味わいが支配。熟成年数のあるウイスキーの良いところを噛み締められる。

@LEAP BAR

オーシャンズ タムドゥー21y 50.8%

「特にこだわりはないですが、飲んだ感のあるものを」とリクエストして、店主・達間洋輔さんが出してくださったのがコチラ。

このタムドゥーはホグスヘッドによる21年熟成で、シングルカスク&カスクストレングス。樽がホグスヘッドということは、=バーボン樽ということだろうなと想像しますが……。飲みやすさの中に確かにしっかり感があって、同じスペイサイド地区のシェリー樽系のモルトを飲んでいるかのようなコク甘さ。

現在タムドゥーの所有はイアン・マクロード社ですが、このボトルの蒸留年は1997年。当時の所有はエドリントン・グループだったでしょうか。同種の麦芽を使い、樽熟成のノウハウもマッカラン、グレンロセスにも通じていたら、たいへん面白いなと思います。この辺りの歴史的背景はもう少し調べてみます。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性