84のリンクウッド30年、甘さと渋さと複雑極まるスペイサイド。

リンクウッド30年 1984

突き抜けたものはないけど、飲み手が思わず注意深くなる複雑なコンテンツがあります。

ウイスキーエージェンシー リンクウッド30年 1984(THE WHISKY AGENCY Linkwood 1984-2014 30y) 49.2%

  • 香り…繊細。蜂蜜、青いバナナ、シナモンをきかせたアップルパイ、瞬間的にアロエベラ。
  • 味…オイリーな舌ざわり。黒蜜、カカオ多めのミルクチョコレート、ごくわずかにヘーゼルナッツ、ショートケーキの脇にアプリコットティー。
  • 総評…飲み手が注意深くなる複雑な香味、トロッとした飲み口。甘さだけでなく適度な渋みも。

86点

@Unkempt

リンクウッド30年 1984をテイスティング

リフィルホグスヘッドの30年物。
このリンクウッドは長い熟成を経て「甘い水」のように変化したウイスキーとは真逆で、甘さと渋さ、言い表し難いコンテンツが輪廻していました。
なんでしょう、今でもたまーにいただけるオールドボトルとも、30年という数値上の熟成感とも異なる「今っぽさ」も感じたんですよね。
これより前の、70年代以前のモルトと垂直比較したいと思いましたが、ないものねだりというやつで。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人|ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート|SMWS会員|訪問したBAR国内外合わせて200軒超|会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年)|ひとり歩き|健全な酒活|ブログは不定期更新2,000記事超(2022年11月現在)|ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性