ブラックアダー ピートリーク ロウカスク。生のままの若さ。

ボトラーズのウイスキーも星の数ほどありますが、そんな中でも好きを通り越し、密かに愛しているのが「ブラックアダー」です。

ブラックアダー・インターナショナル社のメジャーなライン「ロウカスク」のうちの一つをいただきました。RAW CASK(いわば生データ)ってネーミングがまたいい。このピートリークのノーネームは、若いウイスキー好きは堪らないはずです。

ブラックアダー ピートリーク ロウカスク 59.9%

  • 香り…若々しい。麦わら、木屑。リンゴの皮。ピート湿原と草花が終始漂う。
  • 味…ウォーミーで甘やか。コーヒーのフィルタ、秋刀魚のワタ、フルーツバスケット。
  • 総評…フレッシュなウイスキー好きはぜひ。カリラのようなピートとフルーツの綯交ぜ。熟成5年くらいの若々しさを感じる。

@どれすでん

ブラックアダー ピートリーク ロウカスク

ブラックアダーには思い出があって、たぶんカスクストレングスのシングルモルトとして、初めて体験したウイスキーと記憶してます。細かい銘柄名は忘れました。

かつて新宿のBAR「アビアント」でいただき、あまりにも強烈なインパクトに、むせまくりました。鼻にツーン!ときてね、とても水なしでは飲めなかった覚えがあります。それが今では……ねぇ。

多くのボトラーズで当たり前になっているノンチル・ノンカラーリングですが、ブラックアダーの場合はシングルカスク。樽出し、生(き)のままというポリシーが徹底してます。

これという樽からオリ(沈殿物)も含めで瓶に封じ込めてしまう。一歩間違えると大変なリスクですが、それをやってのける。

シングルカスクは品質的な観点から、是非が語られることがありますが、その潔さたるや良し。リコメンドに自信がなければできない芸当なわけで、否定しません。

創業者のロビン・トゥチェックさん、たまにウイスキーフェスで見かけます。できればセミナーも開催してほしいな。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

紙もウェブもやる編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性