甘く優しいブレンデッドモルト、ネクターグローブ。

ウィームスモルト ネクターグローブ バッチストレングス 54%

スコットランドのボトラー、ウィームスがリリースした限定のヴァッテッドモルト「ネクターグローブ」。キングスバーンズ蒸留所の日本初上陸を記念し、初回数量限定でのリリースです。「甘いのが好きならぜひ」と勧められ、ためしてみました。

ウィームスモルト ネクターグローブ バッチストレングス 54%

  • 香り…控えめ。ミルク、アプリコットデニッシュ。ヘーゼルナッツ入りのホワイトチョコレート。
  • 味…ミディアムボディ。トウガラシ、マジパン、ココア、グリコのアーモンドキャラメル。
  • 総評…ファッジのような味が引っ張るブレンデッドモルト。スイートな方向が好きな人なら間違いない。

@LEAP BAR

ウィームスモルト ネクターグローブ バッチストレングスをテイスティング

このネクターグローブは、ハイランドのシングルモルトを2種をブレンドし、ポルトガルの酒精強化ワイン樽で8カ月後熟させたもの。ひじょうにソフトなボディで、54.0%のアルコール度数はそれほど気にする必要はないかと思います。

オーナーのウィームス家はエジンバラ近郊のウィームス城の城主で、ワイン商として600年続いています。年間1億リットルものグレーンウイスキーを生産するディアジオのキャメロンブリッジ蒸留所が敷地内にあるという、とんでもない名家です。あちらの城主って、まぁそれくらいの富豪が普通だったりしますが……なんともはや。

ウィームスの注目トピックのひとつは、2015年に稼働したキングスバーンズ蒸溜所でしょう。エジンバラの北、ゴルフの聖地セントアンドリュースの近くにあり、ローランドの伝統を踏襲するライトでフルーティなモルトを目指すようです。地元ファイフ産の大麦を使った3年物がリリースされたばかり。ウイスキーフェスで試飲させていただきましたが、ほんとうにその通りのスッキリした飲み口でした。

キングスバーンズ(ウイスキーフェスティバル東京2019)

ネクターグローブもキングスバーンズも、バーテンダーズジェネラルストアで扱っています。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性