ロングロウRED、2019年はピノ・ノワールカスク。

ロングロウRED ピノ・ノワールカスク

毎年どこかのBARで遭遇するロングロウの限定版ロングロウRED。その名からイメージできる通り、毎年1回、異なるワイン樽熟成によるリリースがなされます。こちらは2019年版です。

ロングロウ レッド11年 ピノ・ノワールカスク 53.1%

  • 香り…甘さ優勢でやや主張あり。ピートと麦の綯い交ぜ感。キウイフルーツ付きのカスタードクリーム。
  • 味…ミディアムボディ。バター、マカダミアナッツチョコレート、後口は生姜とカルメ焼き。
  • 総評…たき火の煙さの中に持ち込まれたフルーツケーキ。この甘さが彩りつつ、ロングロウ本来の太い骨格が生きていてうれしい。キャンプやバーベキューで飲みたい。

@長谷川

ロングロウRED ピノ・ノワールカスクをテイスティング

この「RED」というリミテッドのシリーズは、個人的に大好きですが、入手はなかなか難しい。ので、外飲みでボトルを見かけたら、機を逃さずいただきます。モルトの限定版は、ともすれば「これがほんとうに○○?」と言いたくなるほど、その銘柄の特徴が消え失せているものもあります。

けれども、このロングロウREDについては、骨格がしっかりあるんですよね。ロングロウ好きならわかってもらえると思いますが、いかがでしょう。

ロングロウの作り手であるスプリングバンク蒸留所は、いったいワイン樽をどれだけ仕込んでいるのでしょうか。どなたかご存じならお教えいただきたい。こちらの2019年5月にリリースされたREDは、バーボン樽で8年の熟成の後、ニュージーランド産のピノ・ノワールカスクで3年の後熟をさせているとのこと。

ひじょうに良い仕上がりで、出来ることならいつまでも飲んでいたい。そして、いつまでも年1回のRED祭りが続きますように。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性