アラン ロックランザリザーブ。爽やかで優しい飲み口。

自宅飲みシングルモルト更新。またもアランです。テイスティングしようと飲み始めたら止まらなくなり、正味5日でボトルが空に。で、先日、近所のリカーマウンテンで2本目を購入し、ようやくメモることができました。

アラン ロックランザリザーブ

  • 香り…控えめでシルキー、クリーミー。森林浴のような爽やかさ。メロン。ウエハースとキンキンのバニラアイスクリーム。
  • 味…ライト寄りのミディアム。洋ナシ。レモンミルク。麦由来の甘み。切れあがり早く、余韻は短く、少し苦味を伴う。
  • 総評…飲みやすく、かといって軽すぎず。シングルモルトのエントリーとしても最適。春夏の陽気の中でバニラアイスを供に。
  • 次に飲むのは…スキャパ スキレン。

自宅でアラン ロックランザリザーブ

「ロックランザ」とは、公式(英語のみ)にコメントがあるように、アラン蒸留所のある村の名前だそう。夏向けライトボディという。アランおなじみノンチル、ノンカラーリングの43%。グラスを傾けるとレッグはゆっくり落ちていきますが、口に含むと驚くほどスムースです。

我ながらなんでこんなに早く空くんだろうと思って調べてみたら、バーボン樽9割、シェリー樽1割の割合で原酒をヴァッティングしているようですね。道理で自分好みなわけです。

公式のコメントは「海っぽい」とありましたが、むしろ全く逆の、爽やかな新緑を感じました。キャンプでバーベキューやりながら、のイメージですね。海なら「海の家でフードとともに」というところです。

懐への優しさも、エントリーとしてもちょうどいい。リカマンで買ったときの価格は2,980円(税抜)でした。恐るべきアランのコスパ。これを書いたので、またスルスルと飲み終わっちゃうんだろうな。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性