秩父ウイスキー祭へのグレンリベット12年。

シグナトリー・ヴィンテージ アンチルフィルタード・コレクション グレンリベット2006 12年

毎年2月に行われる秩父ウイスキー祭、年々熱気がうなぎのぼりですね。このイベント用に特別に選定された、ユニークなグレンリベットをいただきました。もともとはシグナトリーが瓶詰めしたもので、さらにその中から秩父ウイスキー祭の実行委員会が独自にチョイスしたボトルなのだとか。2020年の同祭で販売されたものです。

シグナトリー・ヴィンテージ アンチルフィルタード・コレクション グレンリベット2006 12y for 秩父ウイスキー祭 62.4%

  • 香り…ほのかに香る青紫系の果実。パッションフルーツ、カスタードクリーム、チョコレートプリン、りんごのコンポート、炒った麦。
  • 味…ココア、カカオのウエハース、コンコードぶどうジュース、ダーグラム。後口ナッティー。加水すると船橋屋のくずもち。余韻は長め。
  • 総評…始終心地よい甘さで食後向き。ぶどうの青系フルーツに加え、カカオの多い板チョコも。バニラアイスクリームと合わせると面白そう。

@LEAP BAR

シグナトリー グレンリベット2006 12年をテイスティング

カスクストレングスで、飲んだ感はそれなりです。一方でシェリー樽な押しつけがましさは無く、心地よさが長く続きます。エステル香や熟したフルーツ感がうまく束ねられていると感じました。液体の色自体はベリーレッドながら、口にしてみると、濃いぶどうと相まる。紅いというよりも、群青色なシングルモルトです。これで12年とは……信じがたい熟成感です。

ラベルの記載によると、樽は1stフィルのシェリーバットとのこと。オフィシャルの「ザ・グレンリベット ナデューラ オロロソ」や「アベラワー アブーナ(アブナック)」などの、スペシャルなシェリー樽ものと飲み比べると、違いがはっきりと分かるのかも?

何度も言っていますが、煙くヘヴィなモルトばかりでは疲れてします。こういう甘々なやつで、ぐでたまのようになってもいいよねぇ。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性