J&B、軽さこそ身上。

J&Bレア

自宅飲みブレンデッドウイスキー更新。J&Bレアです。とにかく軽く、飲みやすい。気軽飲みに最適な1本の一つでした。近所のマインマートで1,500円(税抜1,364円)。

J&B 40%

  • 香り…弱い。餌が撒き散らかされた鳥小屋、段ボール、水に浸した洋梨。
  • 味…穏やかで甘い。小麦胚芽のビスケット、オランジェット、後口はゴーヤのような苦み。
  • 総評…ひじょうにライトなウイスキー。あらゆる料理を邪魔しない薄さは、晩酌向けともいえる。

このJ&Bレアは、36種類のモルトと6種類のグレーンウイスキーがブレンドされているそうです。シングルモルトはノッカンドゥ、オスロスク、グレンスペイ、ストラスミルなどが核。ベルを飲み終えた直後に、ロックで飲んだ印象は「やたら甘い」。改めてスタンドアローンで確認したところ、上記のような全く違う感想を持ちました。注意深く口にすると多様な側面を垣間見ることができるものの、どれも控えめで、とらえどころのない印象。ですが「何も考えずに気楽に飲む」には、それがかえって好都合です。

J&Bとはジャステリーニ&ブルックスの略。もともとワイン&リキュール商としてスタートし、スコッチに参入したのは1780年代。このJ&Bレアは禁酒法後の米国市場に投入されたもの。現在J&Bのオーナーはディアジオで、ブランドの販売量はジョニーウォーカー、バランタイン、グランツ、シーバスリーガルに次いで世界第5位です(DRINKSINT.COM調べ、2017年)。

黄色のラベルといえば、個人的にはホワイトホースを思い起こしがち。ホワイトホースがしっかりした主張を保持しているのに対し(たとえば牡蠣料理などに合う)、こちらのJ&Bは中立でどっちつかずで、あらゆる場面に対応するウイスキーといえます。なるほど大味な米国人に向けたのだなぁと容易にわかります。嗜好が分からない人と飲むときが万一あれば、とりあえず機能しそうな1本です。

J&Bレアをテイスティング

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性