アードベッグ アン・オー。思わず童心に帰る、不思議な甘さ。

「新作入荷」とのLINEが入り、帰りにいつものところに寄り道です。新作とはアードベッグが10年ぶりに出したという定番品「アン・オー(AN OA)」。口開け、トライしてみました。

アードベッグ アン・オー

  • 香り…やや煙い。のり茶漬け、シロップ。石鹸、薬品。
  • 味…甘くクリーミー。フェンネル。後半に綿菓子。薄めのハーブティー。
  • 総評…風邪シロップのような、甘さが立ったケミカルな印象。飲みやすいながらも複雑。
  • 次に飲むのは?…ブナハーブン12y。

@カドヤ黒門町スタンド

アードベッグ アン・オー

ピーティながら飲みやすいアードベッグの中でも、さらにソフト。とはいえアロマとフレーバーは複雑。保健室というか、化学薬品の匂いが充満する理科室のようなイメージでした。

「アン・オー」という名称は、アイラ島にあるアードベッグ蒸溜所の立つオー岬に由来するとか。

アードベッグ蒸溜所の責任者で樽賢人のビル・ラムズデン博士が手がけただけに、相変わらず熟成に凝ってますね。濃甘シェリーのペドロヒメネス樽、チャーした新樽、ファーストフィルのバーボン樽の3種類をヴァッティングさせたといいます。

リリースされたばかりの今は、取り扱いの仕方が限定っぽいという、酒屋さんのコメントも伝え聞きました。バーや酒販店といった、プロが買える本数を制限してるのかもしれませんね。

ほのかにスモーキー&さらっとしたテクスチャーで、人気を呼ぶのは間違いないでしょう。レギュラーとして市場に出回るのが楽しみです。

アードベッグ アン・オー

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性