カリラ25年の耽美な佇まい。

カリラ25年

例によって切羽詰まった日が続いていて、なんだか孤独を噛みしめる日々。朝を迎えるのがいっそうつらく、夜が来るとなおいっそううれしくなる。勢いをつけたくなって、アイラのシングルモルト、カリラ25年にすがることにしました。

カリラ25y

  • 香り…強め。ドライフルーツ全般、シナモン、シュークリーム。紫の花。ラズベリーのマカロン、紅茶。後ろのほうに若干の発酵臭。
  • 味…ミディアムライトだが、味わいはホットで濃ゆい。ベリー系渦巻く。チェリーパイ、シナモンロール、ビターチョコレート、濃いサングリア。
  • 総評…アフタヌーンティーとスタンドに乗ったデザート。なぜかイメージ的にそんなをバランスの良さと品を感じさせる。

@カドヤ黒門町スタンド

カリラ25年をテイスティング

ラガヴーリンとこのカリラを所有するのはディアジオ社。ラガヴーリンはあまり企画ものを出しませんが、カリラは限定の意外なボトルを見かけます。名称のCAOLはゲール語で海峡を意味するそう。ILAはもちろんアイラ島のことですね。久しぶりにカリラを飲んで、カリラ12年のボトルを初めて見たときのことを思い出しました。ワインのようなおしゃれなデザインのラベルに心躍ったものです。

このカリラ25年は、その12年と全く異なり、ひたすら深く沈み込むませるかのような耽美な佇まい。ピート香はほとんど感じられず、むしろ包み込まれるような強い香りに魅了されます。勢いをつけるどころか、寝床に誘われるかのような甘さ。すっかり満足して眠りについたのでした。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性