セブン&アイ限定の異色スコッチ、レジェンダリー・スコット。

レジェンダリー・スコット

自宅飲みブレンデッドウイスキー更新。「レジェンダリー・スコット」という謎のボトルが目についたので、買ってみました。THE GARDEN アトレ上野店で1,188円(税抜1,080円)。

無難なブレンデッドスコッチを買うつもりが、この黒色の見慣れないラベルに「?」となり、思わず手に取ってしまいました。セブン&アイ限定のキャッチとともに、「トマーティン蒸留所が製造するブレンデッドスコッチウイスキー」と記されたネックレスが付いています。トマーティンゆえに、輸入は国分グループ本社。いつのまにか、こんなスコッチを販売展開していたのですね。

レジェンダリー・スコット 40%

  • 香り…控えめな中に主張あり。入口は若干のヨード。レモングラス、ミントを乗せたレアチーズケーキ。
  • 味…おとなしめ。甘い穀類、紅茶、レモンケーキ。
  • 総評…若草のような、ハーバルな香り。フレッシュであり、シフォンケーキのような甘さも。花見から初夏にかけて飲みたい爽やかさ。

香りを嗅いだ瞬間、「んん!? これは知ってる匂いだ」と。ええと、なんだっけと記憶を手繰り寄せ、カティサーク×ホワイトホース×ティーチャーズを足して3で割ったような印象、と咄嗟に思いました。記憶の断片があるので、最初は混乱しました。

がしかし。飲み慣れてくると、意外なフィット感にとまどうほど。ヨーカドー系のスーパーやコンビニ向けのブレンデッドウイスキーと色眼鏡で括るには、ちょっと乱暴じゃないかというくらい、いい線行ってると思います。お求めやすさがすべてを補っている。こういうの、嫌いじゃないです。

近年リリースのシングルモルトは、飲みやすさに寄せた仕上がりが多く見受けられ、いにしえのボトルの味を知る人は腑に落ちないでしょう。いっぽうでブレンデッドウイスキーをはじめ、お気楽飲みやエントリーとしてのウイスキーは、大幅値上げせずにレベルを維持しているように思えます。

もちろん、「これがウイスキーかい」と首を傾げたくなる品物も中にはありますが、定義・条件を満たしているのであれば、公平に接したいなぁと今日も思うのです。

レジェンダリー・スコットをテイスティング

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性