スペイン産スイート・ベルモット2種を飲み比べ。

銀座「GOYA」でスペインのベルモット

カクテルのマンハッタン大好き人間ゆえ、スイート・ベルモットには目がありません。過日、スペインのスイート・ベルモットを飲み比べする機会がありました。数種類あったの中から選ばせてもらったのは、下記の2つ。

ルスタウ ベルモット ロホ 15%

熟した果実をたくさん満載したような、そんなベルモットです。ひとくち、ふた口と含んでみると、コックリとした味が舌と鼻を絨毯爆撃してきます。ルスタウのブランドサイトによりますと、10年以上熟成したアモンティリャードとペドロヒメネスをベースシェリーに使っているそうで、甘さ一辺倒でもない程よさにニンマリな感じです。

ルスタウ ベルモット ロホ

フェルナンド・デ・カスティージャ ベルモット 17%

これですね、飲む前に「ソースのようですよ」と教えてもらい、口に含んだ結果、その通りのお味! まさしくウスターソースそのもので、あのブルドックのラベルを瞬時に思い浮かべたほどです。上のルスタウも太いボディと思いますが、代わる代わる飲むと、こちらのほうがよりスパイスを伴う味わいを感じます。

フェルナンド・デ・カスティージャ ベルモット

ベルモットといえば、カルパノ社のアンティカ・フォーミュラ、チンザノ社のロッソ、ドライベルモットならマティーニやノイリープラットしか知らんかったです。

生産地はイタリアかフランス。構成比率70%以上という辛口白ワインをベースとして、ブランデーを加えてアルコール度数を高め、ハーブやスパイス、砂糖などを添加する……くらいの知識しか持ちあわせてないのですが、スペイン産というのに虚を突かれました。よくよく思えば、酒精強化ワインのシェリー酒の国ですから、ベルモット生産など造作もないこと。

で、シェリー酒をベースとしたベルモット。なんら違和感ないどころか、スルスルと飲めてしまう。これを目隠しで出され、シェリー酒がベースと気づけるか。「美味しいスイート・ベルモットですね」で終わる自信満々です。

ベルモット、いやはや奥が深いです。個人的にはカクテルの副材料のイメージで、単体で飲むのはバーテンダーがお忙しかったり、締めの酒としてロックでいただいたりというシチュエーションでしたが、目的を持って飲む酒になりました。またひとつ良い勉強。山崎さん、ありがとうございます。

@ GOYA

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性