信州マルス蒸溜所「もしもしウイスキー」とは?

信州マルス蒸留所 もしもしウイスキー

自宅飲みブレンデッドウイスキー更新。本坊酒造の信州マルス蒸留所が海外向けに造っていたらしい、「もしもし」というユニークな名称のウイスキーです。容量700ml。酒のソクハイ上野店で4,378円(税抜3,980円)。

信州マルス蒸溜所 JP.もしもしウイスキー 40%

  • 香り…穏やか。トフィ、リンゴ飴、駄菓子を彷彿させる甘さ。後半になるにつれ、濡れたダンポール、プラカラー(エネメル塗料)のように。
  • 味…甘ったるく、直後ピリピリした刺激。皮をむいてから時間が経ったリンゴ、後口はカレーうどんのように甘辛い。
  • 総評…飲めばすぐに、マルスウイスキーのお手ごろなブレンデッドウイスキーを連想。薄甘く、醸造アルコールのような側面も。

65点

物珍しさから衝動買いしてしまいました。
結論、そこそこする値段のわりに、これといった特徴のないウイスキーです。
個人的には、本坊酒造の「岩井トラディション」や「TWIN ALPS」に似ているかなと思い浮かびましたが……。
ひと口ふた口……イメージと現実の乖離に仰天、ワタシの想像など全然追いつきませんでした。

この「もしもしウイスキー」は数量限定で、すでに終売となっています(公式サイトも存在したようですが、現在ドメインは契約期限切れの模様でアクセスできません)。
※2022年1月4日、上記の同店で在庫発見。再販されたようです。
酒販店のポップには、本坊酒造が海外向けに造ったウイスキーとの記載があって、いわば逆輸入とも取れますでしょうか。
逆輸入といえばサントリーのTOKIなどが思い浮かびますが。

スペック、出自などの情報が少なすぎて、わからないことだらけ(すみません、本当に全然わからない)。
そうですねぇ、個人的には「可もなく不可もなく」で、1杯飲めば十分といったところです。

適切なシチュエーションを強いて挙げれば、食前にショットグラスでコピリンコと飲んで、あとは美味しいものを口にして、締めはお気に入りの食後酒に切り替えて、と。
そんな感じがよろしいのではないでしょうか。
単品ではむつかしいです。

信州マルス蒸留所 もしもしウイスキーをテイスティング

もしもしウイスキーのパッケージ

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人|ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート|SMWS会員|訪問したBAR国内外合わせて200軒超|会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年)|ひとり歩き|健全な酒活|ブログは不定期更新2,000記事超(2022年11月現在)|ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性