グレンタレット ピーテッド、原始の泥臭さ。

グレンタレット ピーテッド

ハイランドモルトのグレンタレットといえば、個人的には猫ちゃんと雷鳥のイメージ。
猫ちゃんは「タウザー」という名のメスで、この蒸留所に棲みついて、2万8,899匹ものネズミを捕まえたという伝説のあるディスティラリーキャットです。

このグレンタレットは雷鳥のラベルでおなじみ、ブレンデッドウイスキー「フェイマスグラウス」のホーム蒸留所でもあります。
スコットランド最古の蒸留所であり(1775年創業)、猫ちゃんと雷鳥という天敵同士が同居するという蒸留所でもあり。
そんなストーリーがなんとも面白い。
ですが、シングルモルトそのものには正直あまり印象ないんですよね。

こんにちは、hirokiです。
というわけで、そのグレンタレットを見かけたので、いただきました。

グレンタレット ピーテッド 40%

  • 香り…やや主張あり。麦芽が前面。オートミール、藻岩の岩壁と岩肌。
  • 味…ライトボディ。もみ殻、豆苗、湯でといた甘くないオートミール。甘めの生姜スープで締めくくり。
  • 総評…入浴時に使う軽石のイメージ。穀物っぽさと溶岩が混じったような、いわく言い難い複雑さ。

83点

グレンタレット ピーテッドをテイスティング

正直「なんか素直じゃないな。グレンタレットって、こんなにクセあったっけ?」と訝しむこと数分。
ラベルをよぉく覗き込んでみると、「PEATED」の文字が。
何口か飲んで「??」となって、ようやくなるほど!となりました(気づくの遅っ!そもそもラベルがピートを焚いてる絵柄じゃん、ねぇ)。

いただいたピーテッドは、グレンタレットがリブランドする1世代前のパッケージのものでした。
なんというか、複数のアイラモルトやハイランドパーク、タリスカーのような「主張するスモーキー」ではないのです。
良い意味で「ピート(泥炭)そのものの臭さ」が漂っているモルトです。

そう、まさに泥臭い。

先入観なしに飲んで「んー?」と首を傾げ、飲んでる途中でピートを効かせたものと知って、合点がいきました。
スモーキー&ピーティって、島系の上述以外にもベンリアック、ベンローマックのような、明らかに個性の異なるスペイサイドモルトもありますし。
そう簡単に、十把一絡げにできないと思いません?

あ、ちなみに、タウザーの後を継いだ2代目ディスティラリーキャットの「アンバー」ちゃんは、ネズミの捕獲は全く駄目らしいですね。
実物を見て、なでなでしたいなぁ。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性