自宅筋トレで参考にしているYouTube動画。

テレワークになって手抜き自炊とともに励んでいるものが、「自宅での筋トレ」です。
筋トレといっても鍛える系のトレーニングではなく、体脂肪を落とすほうを意識してます。
たとえ近距離でも、通勤では強制的に歩きます。
在宅勤務では歩数の少ない徒歩ですらなくなるのですから、ダメ人間に拍車がかかるのは目に見えてます。

こんにちは、hirokiです。
筋トレはするものの、ジムには通いません。
毎日やるものですからジムよりも、自宅でできるメニューのほうが良いのです。
そのヒントになっているのが、やっぱりYouTube。
というわけで今日は、実際に自宅で筋トレする際に、実際に参考に視聴している動画を紹介します。

ぼくの場合、最初に

腹筋(50回〜起き上がれなくなるまで)と背筋30回と腕立て伏せ(20回〜腕が上がらなくなるまで)、そしてプランク(1分間)

を実施。

そのうえで以下にリンクした筋トレ動画を2つ以上、気分で組み合わせて取り組んでます(他にもありますが、代表的なところを)。
独断と偏見で強度を「★」でインジケーター化してみました(★が多いほど強度が高)。

【腹筋】×【バックランジ】を交互に(sexyfitness) 強度:★★

パーソナルトレーナーのユウジさんによる筋トレ動画。
在宅ワーク開始後、最も参考にしている動画で、簡単にできるのがありがたい。
腹筋とバックランジのセットは筋トレハックとしても有効で、実際に終わるころにはハーハー息が上がります。

飛ばない6分HIIT(のがちゃんねる) 強度:★★★

デザイナー・YouTuberの、のがさんの動画のひとつ。
この人はアイドル並みのルックスながら、かなりのハードトレーニングを涼しい顔で課してきます。

こちらの動画は比較的柔めですので、まずはこの辺からいかがでしょう。
でも後半4分を過ぎたあたりから、まだ終わらないのかとゲンナリしてきます。
これをラクにこなせるくらいになりたいものです。

自衛隊体操(かざりぷろじぇくと) 強度:★

元自衛官タレント、かざりさんによる動画のひとつ。
かざりさんはコミケでコスプレなんぞもやっていて、界隈でも有名ではないでしょうか。

この自衛隊体操は、本職の方が実際に行っている準備運動で、ラジオ体操の3割増(自分比)ハードにしたようなものです。
かざりさんは涼しい顔でやっていますが、最初はけっこう来ますよ。
ぼくは未だに、これをやると体の一部が「ポキッ」といいます。

浮き輪肉をごっそり落とす自宅で簡単筋トレ5種目(藤井筋トレチャンネル)  強度:★★★

「今日もバッチリやっていきましょう!」のセリフで視聴者のスイッチを入れる藤井拓也さんの動画です。
藤井さんは間に数十秒の休憩を入れてくれるので、ハードなイメージのトレーニングもわりと受け入れやすくできます。
動きとしてちょっと難しいトレーニングもありますが、飽きずにやるのにはそのほうが効果的かと思います。

10分間バーピー(MuscleWatching) 強度:★★★★

大阪在住で2007年からYouTubeチャンネルを解説している、人気ユーチューバー・高稲達弥による動画です。

こちらはマンション住まいでもできる「飛ばないバーピー」ですが、たかが10分と侮るなかれ、鬼です、マジで鬼。
完遂できたことがないです(どうしても続かず途中で休んでしまう)。
これをキッチリできるくらいになるまで頑張りますよ。
上の動画には、飛ばないバーピーを解説した1分バージョンへのリンクもありますので、バーピーやったことのない方は1分から初めるのもおすすめ。

いずれも夏場にやれば、脈拍猛スピード連打、滝汗必至は間違いなし。
筋トレのYouTubeトレーナーさんは、それぞれ独自のやり方があって楽しいですね。
在宅ワークで「動かず疲れ」に陥っているあなた、在宅だからこそできるトレーニングってこんなにあるんでっせ。
ちょっと一緒にやってみません?

あぁ、あとはプールが並ばずに行けるようになったらいいんだけどな。
夏にジョギングは、たとえ数キロでもキツいですから……。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性