シングルモルト駒ヶ岳 屋久島エージング2020、南国の柑橘のような。

本坊酒造といえばマルス信州蒸留所ともうひとつ、マルス津貫蒸留所があります。
津貫蒸留所のある鹿児島県から南南西に約60km、高速ジェット船で約2時間40分で、世界遺産の屋久島に行けます。

こんにちは、hirokiです。
今日は屋久島で熟成されたシングルモルトのことを少し。

シングルモルト駒ヶ岳 屋久島エージング Bottled in 2020 53%

  • 香り…アーモンドチョコレート、グレープフルーツ、レモン、後半に若干の硫黄。
  • 味…夏みかん、メントール、レモングラス、ハーシーのチョコレート、ナッツ。
  • 総評…フレッシュで若々しい。溌剌した柑橘の押し出し、チョコレートの甘みが混じり楽しい。

@Craft Japanese Malt Whisky SAKURA(グランスタ東京内)

87点

シングルモルト駒ヶ岳 屋久島エージング 2020をテイスティング

東京駅の駅ナカにできたウイスキーバーでいただきました。

マルス信州蒸留所で蒸留した原酒を、本坊酒造が所有する屋久島エージングセラーに運んで熟成。
その中からバーボンバレル熟成の原酒中心に構成したノンエイジです。

ピートスモークは感じられず、強いていえば後引けに硫黄っぽさ。
若干ですが、台湾シングルモルトの「カバラン」を彷彿させるものがありました。

信州蒸留所の「シングルモルト駒ヶ岳」「越百」「信州」は、どれも根底には同じ香味を感じられるのですが……。
この屋久島エージングは180度異なるもので、驚かされました。
熟成地の違いで、こんなに与えるインパクトの強弱があるものでしょうか。

繰り返し飲みたい衝動に駆られましたが、後ろ髪を引かれる思いで辞去したのでした。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性