カリラ6年、季節はずれの浜辺のバーベキュー。

ビジュアルフレーバー カリラ 6年 2012

モリソン&マッカイ社によるシリーズ「ビジュアルフレーバー」の短熟カリラをいただきました。
写真にあるラベルの通り、イラストでウイスキーのフレーバーが一目瞭然にわかるシリーズです。
このアイラのカリラ6年を表すと、「生ハム」なのだそうです。どれどれ。

ビジュアルフレーバー カリラ 6y 2012 61%

  • 香り…りんごの皮、硫黄、肉の脂身、ホタテ焼き、冷蔵庫に放置していた豚バラ肉。
  • 味…ミディアム寄りのライトボディ。アスパラガスのベーコン巻き、鰹節。
  • 総評…肉っぽい=ミーティでサルファリーなモルト。寒々とした海岸で保存食を焼き焼きしているイメージ。

@日下部

カリラ6年をテイスティング

アイラ系のシングルモルトで、「おやっ?」と感じることはあまりないのですよね。
言うまでもなくヒースが堆積している土地柄ゆえ、概してスモーキーでピーティですから。
アイラモルトの場合、むしろピート香や燻香が和らいでいる、控えめであるほうが個人的には記憶に残ります。
たとえば「ブナハーブン」や「カリラ17年 アンピーテッド カスクストレングス」などです。

で、いただいた2012年版のボトラーのカリラは6年熟成。
樽はリフィルホグスヘッド、シングルカスク&カスクストレングスです。
生ハムのイラストがデカデカとラベリングされていますから、ニュートラルからテイスティングしようにも、先入観を持ってしまいます。

なるほど、言われてみればハムっぽい?
というよりも、季節はずれの曇天の海岸で、(生鮮食品ではなく)保存していた食材を焼いている……そんなイメージがわきました。

それにしてもカリラって、オフィシャルはもとより、数多のボトラーズからバリエーションが豊富に出ていますよね。
同じ銘柄でもひとつひとつ微妙に個性が異なるボトルの探検、楽しいです。

私事ですが、このカリラ、飲んだことを失念してました。
iPhoneのメモ帳を整理していたら、ちょっと前に付けたテイスティングメモを発見し、こうしてブログに記録することができたのです。
相当酔っぱらってたんでしょうけど、メモはしてるという……なんともはや。
酔っぱらいって、ホントやーね。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性