グレンフィディック15年ソレラリザーブ、痩せ型が好みなら。

グレンフィディック15年ソレラリザーブ

中肉中背を越えて、輪郭のハッキリしない痩せたボディのシングルモルトです。
この朧げな感じこそが15年の個性として語られるのかもしれません。

グレンフィディック15年 ソレラリザーブ(Glenfiddich 15 Years Old Solera Reserve) 40%

  • 香り…控えめ。白い花、マジパン、アップルパイ、くず餅。
  • 味…ライトボディでとらえ難い。レモンメレンゲ、蜂蜜、シナモン。後口は黒コショウをかけたバニラアイス。
  • 総評…ストレートでは無愛想、少量の水を加えると甘みが増してデザート感が出るが、香りは消え入る。

83点

グレンフィディック15年ソレラリザーブをテイスティング

自宅飲み用シングルモルトとして、700mLボトルお値段5,980円(税抜)で購入。

バーボン樽、シェリー樽、アメリカンホワイトオークの新樽で熟成させた原酒。
これらをソレラバットなる木桶(容量3万6000リットル)で後熟したのが、この15年です。
1998年の製法開始以来、この木桶がカラになったことはなく、原酒は順次注ぎ足されているとか。

個人的にはボディがtoo skinny(スキニー=痩せぎす)に感じて、もう少し骨太さがほしいぜ、といったところです。

シングルモルトの草分けでスペイサイドを代表するグレンフィディック蒸留所には、名物の「マリーイングタン」なる木桶があります。
すべての原酒をそこに半年ほど移し、落ち着かせてから瓶詰めされるのだそうで。
姉妹蒸留所のバルヴェニーが、とびきり美味い仕上がりになるという木桶で寝かせた「TUN1401」で愛好家をうならせたのは、10年くらい前の話ですかね。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性