ひたすら優しい、ウイスキーフープ向けグレントファース21年。

グレントファース21年 シグナトリー for THE WHISKY HOOP

バランタインのキーモルトのひとつとして、オフィシャルボトルが限定発売されたグレントファース。
ですが、街のBARでもなぜかオフィシャルよりボトラーズボトルをよく見かけます。

こんにちは、hirokiです。
今日はボトラーのシグナトリーが日本のウイスキーフープ向けに詰めた、グレントファース21年のテイスティングメモを。

グレントファース 1997-2019 21y シグナトリー for THE WHISKY HOOP 50.1%

  • 香り…レモン、バニラ、オレンジ、フルーツとホイップクリーム満載のタルト。
  • 味…優しく甘さ主体。蜂蜜、バニラクリーム、シナモンドーナツ。
  • 総評…バーボンバレルの良い特徴が表れた優しい味わい。

@松濤倶楽部

90点

グレントファース21年 シグナトリー for THE WHISKY HOOPをテイスティング

バーテンダーKさんに「フープのボトルで飲んどけってヤツを」とお願いして、出してくださったのがコチラ。
個人的には超タイプ。
どちらかといえばシェリー樽よりもバーボン樽好きゆえ、これは堪らんシングルモルト(シングルカスク)なのです。
21年という熟成もほどよく、妙な言い方ですが「優しさが突き抜けている」のです。

なんというか、日向ぼっこしたりや炬燵に当たったりしながら、ずーっと飲んでいたいモルト。
複雑怪奇も良いのですが、このグレントファースのようにひたすら柔らかに寄り添ってくれるウイスキーが、最後の供の1本(無人島に連れて行きたいモルト10指)になる気がします(ウイスキーフープのボトルは一般入手不可ですが)。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性