カバラン ディスティラリーセレクト。高級路線のセカンドライン?

自宅飲みシングルモルト更新。ここのところ浪費が過ぎるので、懐にやさしい「ティーチャーズ」を買いに近所のリカーマウンテンに寄ったところ、想定外の買い物をする羽目に。はい、こちらです。

カバラン ディスティラリーセレクト

  • 香り…ツンとくる南国の雰囲気。バナナ、パイナップル、樽香、スペアミント、和室の簾。
  • 味…トロピカルフルーツ、生姜、ドライマンゴー、カシューナッツ。
  • 総評…オイリーでナッティ。だが飲みやすく、それでいてディープ。夏のデザートモルト。バニラアイスクリームと。

カバラン ディスティラリーセレクト

カバラン ディスティラリーセレクト

2018年9月3日発売の新商品を、リカマンが1カ月先行発売とのこと。で、僕の顔を見るなり勧めてきたスタッフさんにつられて、ふらふらと買ってしまいました。もぉーーー。

金車のカバランにせよ、南投のオマーにせよ、台湾ウイスキーの南国感は非常にわかりやすくて好き。南国感といっても南米のそれではなく、東南アジアの亜熱帯を想起させる味わいと香りなんです。

とはいえ謎のノンエイジ。どうかなと半信半疑でしたが……これは良いですよ。価格4,500円(税抜)とコスパもまずまずで、シングルモルトの自宅用としてうってつけです。

カバランは台湾ウイスキーの大吟醸路線(たとえが変ですが、灘の「浜福鶴」という地酒を思い出させます)というか、高級路線に乗っている感じ。昨今のウイスキーブームも拍車をかけているのか、カバランはトゥーエクスペンシブだなぁと思ってたら、そのカジュアルなセカンドライン的商品をリリースしてくれましたね。

全体的にまとまっていて、深みも◎。なのに飲みやすい。スペックは不明ですが、バーボン樽熟成を主体に、シェリー樽の若めの原酒をヴァッティングしているのかもしれません(あくまで推測、分かったら書き直します)。

これはカバランのテストケースでしょうか。廉価版のバリエーション、もっと求めたいですね。たくさん売れますように。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性