千葉県初のウイスキー「房総」はスコッチ風。

ウイスキー「房総」

先日、「房総」という名の千葉県初の地ウイスキーをいただきました。
製造は千葉県君津市の蔵元、須藤本家。
千葉県の日本酒というのも、個人的にあまり飲む機会がなく、興味深かったです。

こんにちは、hirokiです。
今回は「房総」というウイスキーについてメモを少し。

房総 40%

  • 香り…若干のアルコールとさくらんぼ。カルメ焼き、チョコチップクッキー。
  • 味…軽く甘い。サトウキビ、カスタードとホイップクリームのツインシュー。
  • 総評…スペイサイドモルトや、古き良きブレンデッドスコッチを彷彿させるものが。今後が楽しみ。

78点

@BARRELES BAR

ウイスキー「房総」をテイスティング

この「房総」は、3年熟成の自社製モルトウイスキーと、スコッチグレーンウイスキーのブレンデッドなのだそう。
グレーンを輸入し、モルト原酒は自社で造るというあたりに、意気を感じます。

味わいと香りは、スペイサイドモルトを感じさせる穏やかさと甘さ。
きっと丸みをあるスコッチのようなウイスキーを目指しているんだろうな、と飲めば想像に難くありません。

いただいたお店のバーカウンターで目の前に鎮座する開栓前のボトルに「おまえ、飲んでみろよ」と言われているみたいで、思わず「ストレートで」と頼んでしまいました。
バーテンダーいわく「水割りやハイボールでお勧めしていますね」と。
そらそうだよね、でもそのまま飲んでも悪くなかったよ。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性