ミンスパイ的な、ホワイト&マッカイ13年。

ホワイト&マッカイ13年

自宅飲みブレンデッドウイスキー更新。
終売となったホワイト&マッカイ13年です。
近所の酒販店「酒のソクハイ」で購入し、お値段は3,608円(税抜3,280円)。

こんにちは、hirokiです。
このホワイト&マッカイ13年は、よくあるブレンデッドの無難さとは少し趣が違う出来でした。

ホワイト&マッカイ13年(WHYTE & MACKAY 13 year old)

  • 香り…やや主張あり。シナモン、サバラン、ソルダム、シェリー酒。
  • 味…酸味が強め。りんご酢、ミンスパイ、梅酒。
  • 総評…香りを嗅いだ瞬間に、クリスマスプディングを彷彿させるドライフルーツ様。

83点

ホワイト&マッカイは、公式サイトを覗くとラインナップもパッケージもいつのまにか変わっていますね。
アジアおよび欧米市場向けの改変でしょうか。年数ものは姿を消してます。

で、この13年も終売だったらしいですが(知らずに購入)、あっという間に残り少なくなりました。

13年はシェリーの特徴が表れたボトルで、ミンスミートをたっぷり詰めたクリスマスプディングのよう。
どちらかといえば酸味主体ながら、スルスルと飲めるのはさすがのバランスです。

個人的にはホワイト&マッカイ スペシャルのほうが好みですが、シェリー樽系のウイスキーを好む人には良い選択肢の一つと思います。
まだ一部のネットショップでは販売されてましたので、興味があればググってみてください。

ホワイト&マッカイ13年をテイスティング

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性