グレンスコシア15年、食後の宝探し。

グレンスコシア15年

伺った長野駅近くのBARでキャンベルタウンモルトのグレンスコシアの15年物に遭遇し、いただくことにしました。

こんにちは、hirokiです。
今日はグレンスコシア15年のテイスティングメモを少し。

グレンスコシア15y 46%

  • 香り…主張あり。甘い香り。ニオイスミレ、フェンネル、レーズン軸のドライフルーツ、ホワイトチョコレート。
  • 味…ミディアムボディでタンニンっぽいえぐみ。三温糖、ヘーゼルナッツ、ココナッツミルク。余韻は短めでやや苦い。
  • 総評…定番バニラからフルーツケーキまで、軽めのボディの中に詰め合わせ状態。食後の宝探し。

88点

@BAR599

グレンスコシア15年をテイスティング

「15年以上の原酒をアメリカンオークの樽で後熟させた」という以外にデータは不明。
確かに「あ、バーボン樽なんだろうな」という軽やかさ前面ですが、飲んでいる途上でシェリー樽系のウイスキーを飲んでいるかのような錯覚に襲われました。
舌で舐めて矛盾を感じまくりで、やや混乱。

……ですが、気に入りました。
グレンスコシアの現ラインアップで「これは拾い物では」と思うくらいで。
複数のお仲間で飲んでみて、コンテンツをピックアップしていくと面白いんじゃないか、そんなシングルモルトです。
これがさらに長熟になると、どうなるんだろうと期待しちゃいます(ま、美味いに決まっているけど)。

ロッホローモンドグループの所有となって、マーケティングが変更。
ボトルのデザインやラベルもおしゃれになって「ロッホローモンド」「インチマリン」「グレンスコシア」のボトルに統一感が生まれましたね。
今後見かけたらチェックするようにします。

ウイスキー専門のBARに伺うと、「せっかくだから飲んでないものを」と前向きになるのですが、これは良き哉。
選択して”前のめり”にならなくて良かった、と2軒目に寄ってから宿に帰ったのでした。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性