「カードシリーズ」高値落札で思ったこと。

イチローズモルト

数日前の報道ですが。イチローズモルトの「カードシリーズ」がオークションに掛けられ、ジャパニーズウイスキー史上最高額で落札されたそうです。

その額、約9750万円(!)だそう。高額な落札値もさることながら、シリーズ全54本が未開封の状態で残っていたことが驚き。実際すべて揃っているのは世界でたった4セットといいますから、高騰に拍車がかかるのもわかります。

高額なボトルといえば、アイラ島のボウモア蒸留所の「ブラックボウモア」とか、マッカランの「ピーター・ブレイクボトル」とかが挙げられますね。特に後者は2018年のオークションにおいて、1億円超えで落札されたことが報じられました。

熱心でリッチなコレクターに落札されれば、もはや嫉妬すら起きず、ただただスゲーとしか言いようがありません。上の記事のインタビューで秩父蒸留所ファウンダーの肥土伊知郎さんが、あまりの高値に「飲んでもらえるか心配だ」とコメントしていますね。

そう。戸棚に入れて飾っておくしかないような気がします。ボトルたちを並べて眺めてご満悦という図ですね。ほんとうはパーッを開栓しちゃうのが良いんでしょうけど、もはやストックがないとなると、どうなんでしょう。

イチローズモルトは高い評価を確立しています。一方で、評価に値しない製品を出すメーカーが、少量生産・限定生産をはかり、そのお酒が高騰してしまうことが怖いですね。それでは煽り商法、炎上商法と何ら変わらない。取り越し苦労で済めばいいのですが、残念ながら今の日本で「そんなことはない」と断言できないのが悲しい。

飲み手はつられることなく冷静に評価したいところ。まずは「自分がどう思うか」を大切にしたいです。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性