虚しさを覚えるアベラワー ホワイトオーク。

アベラワー ホワイトオーク 2004

自宅飲みスコッチシングルモルト更新。
今回はスペイサイドモルト、アベラワーのノンエイジ「ホワイトオーク」です。
吉池本店で購入し、700mlボトルお値段5,478円(税抜4,980円)。

こんにちは、hirokiです。
今日はアベラワーの「ホワイトオーク」のテイスティングメモを少し。

アベラワー ホワイトオーク 2004 40%

  • 香り…消え入るように弱く、ぼやけた甘さ。生クリーム、岩塩、加水するとオレンジピール。
  • 味…ライトボディ。塩バニラ、後半にすまし汁。
  • 総評…飲んだ意識がないほど、うすぼんやりとした香味。どうしても食中にウイスキーが飲みたい人向け。邪魔にならないから。

80点

シェリー樽熟成がスタンダードならではのアベラワー蒸留所ゆえ、「ホワイトオーク」が特別企画として成り立つのでしょうね。
アメリカンホワイトオークのバーボン樽が主体の他蒸留所であれば、なんの変哲もないことで。

で、このホワイトオークは全く特徴がない。
素面で飲んでも、飲んで帰宅した後に飲んでも、どうにもつかみどころがないのです。
feel emptyで蚊とんぼのようなウイスキー、とでも言いましょうかね。

バーボン樽好きな身ではありますが、同じバーボン樽なら別のシングルモルトにしますね、次回以降は。
キックもパンチもなく閉口してしまいましたが、スインというかフラットというか、こういう無個性・無表情が欧州市場には受けるのでしょうか。
いずれにせよ自分の乏しい知識と語彙力では、コメントしようにも続きません。
こういうウイスキーこそ、ツウ=通人の解説をお聞きしたいものです。

アベラワー ホワイトオーク 2004をテイスティング

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性