なんにせよ、場数が大事。

毎年この時期、「日本メガネベストドレッサー賞」受賞者のコメントがスポーツ紙やネットに載りますね。

こんにちは、hitokiです。
そのニュースを目にして、漠然と思っていることを少しだけ。

眼鏡ベストドレッサーの歴代受賞者を見ていると、なかには眼鏡姿がなじまない人も名を連ねていますよね。
なじんでないのは、われわれが「見慣れていないから」なんですよね。
だから眼鏡をかけると、違和感が生じてしまうのです。

反対に、いつも眼鏡をかけている人がたまにコンタクトにすると、「あれ?何か印象が違う」となる。
なんというか、さっぱりしてしまうというか、間延びした感じに見えるときがある。
眼鏡のフレームが顔のパーツの一部と化していた、ということなんですよね。
だから眼鏡をいつもかけている人が外しても、違和感が生じてしまうわけです。

これ、眼鏡にかぎった話ではなくて。
着物(和服)しかり、帽子しかり……なんですよね。

着られているように見えてしまうのは、着なれていないから。
とにかく第一歩を踏んで、そこから繰り返していくこと。
そうすると不自然な感じが徐々になくなっていき、その人のものになじんでいく。

ファッションにかぎった話ではないのですが、場数って大事なのですよね。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性