インプット時間減で、すぐにできる対策。

本業はもとより、このブログや外部サイトへの寄稿などでアウトプットの比重がより大きくなってます。その代わり、以前にも増してインプットが減ってしまっているのが小さな悩みです。

インプットの中で特におざなりにしがちなのが勉強や読書です。観劇や落語などの娯楽のインプットには容易に割けるのに。時間割引率の高さを露呈してます。

毎度毎回、何にせよ時間捻出が課題ですが、簡便な解決法を考えてみました。

1.最優先事項を優先する。
これは次の2種類に分けられます。
・自分自身がやりたいこと
・直近でやらねばならぬこと

本当は前者を優先したいのに、後者に縛られるパターンが多いのです。この前者に強制的に振り向ける方法が次の「2」です。

2.期限を設ける。
人には〆切の重要性を説いているのに、自分には設定してませんでした。物事が前進するのは明らかですが、あらゆることに適用しすぎて、タスク管理に埋没してしまわないよう注意が必要です。

3.ニッチタイムを活用する。
これはもうやっているのですが、もっと刻む必要を感じてます。たとえば、
・一駅分の移動でも本を読む
・SNSの時間を減らす
・本業の時間を削る

まあ早い話、最後の「本業の時間を削る」を大幅に実現できれば、一駅分の移動やSNS省エネなどチマチマした削り出しは必要ないわけです。

時間のみならず、稼ぐエンジンとしての本業依存をいかに減らしていくか。明日からでも実践していきます。明日は日曜日だよって? 休日出勤なのです。この辺にカギはありますよね。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性