ミクターズ、バーボンとライを飲み比べ。

1753年にペンシルベニア州スカエファーズタウンで創業したミクターズ蒸留所。
独立戦争を率いたジョージ・ワシントンが兵士を鼓舞するために与えたのが、ミクターズといわれているそうです。

こんにちは、hirokiです。
うわさのアメリカンウイスキー、ミクターズの「バーボン」と「ライ」を飲み比べたので、今日はそのテイスティングメモを少し。

ミクターズ スモールバッチ・バーボン10年 45.7%

  • 香り…鼻腔を触る香水、接着剤、油性マジック、樹液。
  • 味…メープルシロップ、チェリー、バナナクリームのパイ。
  • 総評…ダイナーでデザートとともに昼酒を飲んでいるかのような心地よさ。

ミクターズ スモールバッチ・バーボン10年をテイスティング

ミクターズ シングルバレル ライ・ウイスキー US★1 42.4%

  • 香り…ライ麦パン、クリーム、アルコールランプと化粧水を含んだ脱脂綿。
  • 味…東ハトのオールレーズン、ケロッグのオールブラン。
  • 総評…上記のバーボンとほとんど差を感じない、飲みやすいライウイスキー。

ミクターズ シングルバレル ライ・ウイスキー US★1をテイスティング

@オーチャードナイト

いやはや、驚きました。
うわさには聞いていましたが、ここまで飲みやすく美味しいとは。
正直ライウイスキーはあまり得意ではないのですが、これはスルスルと行けてしまいました。

プロのバーテンダーからも最近いちばん名称を聞くバーボンですが、なるほど納得。
同蒸留所のTwitterに「Drinks International’s」ランキングの、アメリカンウイスキーブランドで第2位にランクインしたことがツイートされています。

ここ最近「美味しいバーボン」を飲む機会がいくつかあって、うれしいかぎり。
ただし、これが評判になって「似たような香味」のウイスキーばかりが将来出てくるのは嫌かな。
完成までに時間がかかり、蒸留所ごとにレシピと工程管理がしっかりしているウイスキーであれば杞憂とは思いますが。

ジャンルが全然異なりますが、たとえば日本酒は白ワインを飲んでいるかのように一様にフルーティな銘柄に遭遇することも多いので、そんなことを考えてしまいました。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性