ボウモア16年 1990シェリー、喫茶店で飲むコーヒーみたいな。

これは美味いボウモアでした。
当然といえば当然ですが、今々のボウモアのシェリー樽とは全然別物です。

ボウモア16年 1990 シェリーカスク(Bowmore 1990 16 years old Sherry Matured) 53.8%

  • 香り…強め。コーヒー、どっしりとピート、蜜蝋ワックス、カルメ焼き、チョコレート。
  • 味…甘さと酸味の中間。浅煎りコーヒーとブラウンシュガー、ベリーやイチジクのスポンジケーキ。後口は微かに黒胡椒。長い余韻。
  • 総評…喫茶店でケーキセットを突いているかのような、長い和み時間が楽しめる。めっちゃ芳醇、いつまでも浸っていたい。

90点

ボウモア16年 1990 シェリーカスクをテイスティング

ボウモアって、個人的にはアタリハズレが大きいというか。
経験豊富ではないので、「これは!」というものに遭遇したことがないんです。

が、このボウモアは個人的には超好みでした。
ノンチル、カスクストレングスの「生のまま」ですが、きれいに削ぎ落とされて深さだけが残ったよう。
年代によって言われるパフューミーとかソーピーとかは感じず。
酸味主体のコーヒーで、側にブラウンシュガーとスポンジケーキが添えられています。
カタカナの「カフェ」ではなく、昔ながらの「喫茶店」のイメージです。
アイラ的な分かりやすいキャラが隠れているのもまた良きかな。

ひじょうに美味しかったので、本当かどうか同種の別ボトルがあれば試してウラを取りたいくらい。
また飲みたいボウモアです。

少し前にいただいて、UPし忘れていました。
どうもありがとう。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性