ハイランドパーク ヴァルファーザー、実はピート控えめ?

ハイランドパーク ヴァルファーザー

アイランズのシングルモルト、ハイランドパークは2017年から毎年1アイテム、限定品を販売していました。
その名も「ヴァイキング・レジェンド」。
2017年の「ヴァルキリー」、2018年の「ヴァルクヌート」に次ぐ第3弾、2019年リリースの「ヴァルファーザー」をいただきました。

ハイランドパーク ヴァルファーザー 47%

  • 香り…弱め。ピートとブドウ、森林公園のキャンプファイヤー、生姜、焦がしたバター。
  • 味…ミディアムボディ。スモークサーモン、森永の黒ごまキャラメル。ウスターソース、深煎りコーヒー。
  • 総評…飲んでみてピートが分かるキャラ。まとまりに欠ける面があるものの、「酸いも甘いも嚙み分ける」ことができて面白い。

85点

@KADOYA Brick Stand

ハイランドパーク ヴァルファーザーをテイスティング

個人的には、キャンベルタウンモルトの「ロングロウ」をウンと飲みやすくした感じ。
つかみどころないですが、キャラクターが豊富と思えば、実に楽しい時間を過ごせると思います。

このヴァルファーザーはノンエイジで、公式サイトによると樽はリフィルカスクを使用。
「ヴァイキング・レジェンド」シリーズ史上、最もピーティと記されています。

けれどもね、樽はともかく、ピートについては「ホントか?」と言いたくなるほど。
飲んで初めて「言われてみれば、拾えるかも」という控えめな感触です。

あいにくネットショップ等では、すでに売り切ればかり。
販売価格は700mlボトルで1万円超で、自分ならちょっと購入は考えてしまうかなぁという内容でした。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性