ニッカ カフェジン、魚と合わせたい。

ニッカ カフェジン

すごいことになっているジャパニーズ ジン界隈ですが、クラフトだけでなく大手メーカーも良いジンを出しています。

ニッカウヰスキーのカフェ式連続式蒸留機を使って精製されたジン、その名も「カフェジン」をいただきました。

ニッカ カフェジン(NIKKA COFFEY GIN) 47%

  • 香り…ジュニパーベリーとライム中心のシトラスフルーツ、鮭とば、山椒。
  • 味…ピリッとした入口と山椒が長く続く。その後、シャインマスカットのような爽やかさ。
  • 総評…和テイストを感じるジン。和食や魚、特に焼き魚や燻製、うなぎなどと合わせると良い感じ。

86点

@日下部

ニッカ カフェジンをテイスティング

麦芽とトウモロコシの蒸留液と、青実山椒や甘夏、柚子などの和柑橘類&りんご、ジュニパーベリーなどのボタニカルを漬けた蒸留液を混和したジンだそうです。

で、これはズバリ山椒です。
その印象が強すぎるのですが、後からちゃんとスカッとしたジュニパーたちの爽やかくんが追っかけてきます。

魚を傍に一杯やりたくなるジンでした。
酒の肴ではなく、魚です。
たまたま焼き魚と山葵漬けをつまみにいただいたら、これがバッチリでうれしくなりましたね。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログはほぼ毎日更新1,700記事超(2021年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性