スコットランド旅行余録(4)汎用性のあるおみやげは紅茶とキャンデー。

日本に持ち帰るのは何をおいてもウィスキーのボトルが第一。ですが、主に職場用としてそれ以外のものも購入しました。トフィーとファッジです。気軽につまめる消え物がいちばん。

国内外かかわらず、おみやげはお菓子類を買うことがほとんどです。職場の場合はほぼ100%。考えた末、やはり当地でしか買えないものがいいとエディンバラで探しました。定番の紅茶もウォーカーズのショートブレッドも、ロンドンはおろか日本のスーパーで普通に買えるし。

で、自宅用にはボトル以外に紅茶、マーマレードジャム、マフラーなどを。職場用にはトフィーとファッジを買いました。ファッジはあっという間に口どけして、食感も面白い。ハイランドパーク蒸留所でオリジナルのファッジを販売していたので、迷わず購入しました。そういえば、ハイランドパークは意外にもビジターセンターがとてもおしゃれで、商売うまいなぁと。

職場には甘いものがダメな人もいるのですが仕方ありません。博多には「めんべい」のような、いいお土産品があるのですが、スコットランドやイギリスは酒飲み以外には選択肢が非常に限られる気がします。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性