ホワイトブッシュ、品よく優しいアイリッシュ。

ブッシュミルズ

自宅飲みブレンデッドアイリッシュウイスキー更新。
今回はホワイトブッシュの愛称でもおなじみ、ブッシュミルズです。
近所のマインマートで購入し、700mlボトルお値段2,074円(税抜1,858円)。

ブッシュミルズ オリジナル 40%

  • 香り…端緒はグレーン、森永のエンゼルパイ。芝生、ズッキーニやメロンなどの瓜類。
  • 味…飲みやすいがスカスカしていない。オリーブオイル、桃、シロップ。余韻は長め。
  • 総評…口当たり甘く、優しく、飲み飽きしない。品のいい優等生。

88点

ブッシュミルズをテイスティング

外で見かけるとたまにショットで気軽にいただくのが、このホワイトブッシュです。
とっくに自分のブログでネタにしているかと思いきや、しょっちゅう飲むので書き忘れていたようです。

いいですねぇ、優しすぎるくらいの優しさが堪りません。
なんで今まで自宅飲み用として買わなかったのか不覚をとりました。
ブレンデッドのスタンダードスコッチの中に、ローテに加えなきゃ。

熟成はバーボン樽がメインで5〜6年、ミドルトン蒸留所のグレーン原酒をブレンドしているとか。
主張するブレンデッドスコッチと異なり、モルトは控えめな感じで、これも3回蒸留の側面でしょうか。
同アイリッシュブレンデッドの「ブラックブッシュ」は、モルト原酒比率8割で熟成7年とコスパも光りますが、個人的にはシェリー樽があざとく感じてしまう。
ゆえにホワイトブッシュのほうが好きなんです。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログはほぼ毎日更新1,700記事超(2021年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性