ハイランドクイーンのシェリー樽。タリバーディンと飲み比べたい。

ハイランドクイーン シェリーカスクフィニッシュ

自宅飲みブレンデッドウイスキー更新。「悲劇の女王」の異名をとるスコットランド女王メアリー・スチュアートに由来するスコッチ、ハイランドクイーンです。成城石井 東京ドームラクーア店で1,639円(税抜1,490円)。

ハイランドクイーン シェリーカスクフィニッシュ 40%

  • 香り…甘くソフト。マジパン、昔ながらのカスタードプディング。微かに消毒用エタノール、ファンデーション。
  • 味…ハーブウォーターのようでいながら、温かみはしっかり。セージ、3日前のごま油、ブラウンシュガー、スペアミントガム。切れ上がり早い。
  • 総評…甘さ控えめ、全体的にマジパンのような甘さ+ハーブ様の青みがかった印象。

ハイランドクイーンは、現在ガイアフローが取り扱っていますが、ぼくが購入したのは並行輸入品。酒場やスーパーなどでよく見かけるブレンデッドスコッチのひとつです。ホーム蒸留所はハイランドのタリバーディン。2008年にフランスの有名ワイン商ピカールファミリーがオーナーになってから、多様なラインナップがリリースされています。

このノンエイジのシェリーカスクフィニッシュは、タリバーディン20年を彷彿させるハーブっぽさ。押し出しこそ強くないものの、マジパンで包まれたケーキの中に、ハーブが練り込まれたかのような風味付けを感じさせます。

現行のハイランドクイーンは手ごろな価格。成城石井に立ち寄ったときは、このシェリーカスクフィニッシュのほか、8年、1561シリーズ30年の3種類が陳列されているのを確認しました。さすがに1561は鍵付きの棚に、ちょこなんと収められていましたが。

プレミアムシリーズが体験できたらウレシイところですが、スタンダードも全然OK。むしろスタンダードでタリバーディンとの飲み比べも面白そうだなと思います。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性