The Bar Sazeracでシングルモルトなど。

開店3周年を迎えた埼玉県大宮市のBAR、The Bar Sazerac(ザ・バー・サゼラック)に伺いました。
こちらのオーナーが以前勤めていたBARで知り合い、独立すると聞いて「行きますね」と口だけでしたが、ようやく初訪問。
日曜の夕方、楽しい時間を過ごさせてもらいました。

シングルモルトをいくつかいただいたので、例によってテイスティングメモを書きたいところですが。
2杯目のジンまでは、なるだけゆっくり飲んだものの、むしろ3杯目からスピードアップしてしまいました。
おまけに喋ってばかりで、味わっちゃいないですね……いつものことだけど。

というわけで、ざっといただいたモルトの写真だけ並べます。
冒頭アイキャッチ写真のイチローズモルト 秩父7年 秩父ウイスキー祭2018記念ボトルは、バタークリームやチョコレートケーキのような甘み満点。
PXシェリーのような甘口シェリーの樽が中軸でしょうか(スペックはわかりません)。

さらにロッホローモンドとインチマリンのシングルカスク飲み比べ。
以前飲んだロッホローモンドのスタンダードが好みと全く違って以来、手出しができていなかったのですが……。
いただいたシングルカスクは、軽めのトロピカルといった様相で素晴らしかったです。

クラフトジンが100種類以上、ウイスキー300本以上というのはさすがで、カウンターまでびっしりと並んだボトルの数々に目を奪われ、眼福でした。
また近々。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人|ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート|SMWS会員|訪問したBAR国内外合わせて200軒超|会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年)|ひとり歩き|健全な酒活|ブログは不定期更新2,000記事超(2022年11月現在)|ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性