小川尚人さんのバーテンディングイベントに行ってきた。

ブラックパレード

東京・上野のカクテルワークス上野で開かれたバーテンティングイベントに行ってきました(2021年4月3日、17時〜20時)。

イベントの中心はゲストバーテンダーの小川尚人さん。
「CAMPARIカクテルコンペティション アジア2018」日本チャンピオンで、神戸の「BAR Elixir de Longue Vie」のバーテンダーです。
この日、特別に振る舞われた5種類のカクテルのうち、4種類をいただきました。

アペロールスピリッツ

イタリアの人気リキュール「アペロール」を、同じくイタリアのスパークリングワイン「プロセッコ」とソーダで割った食前酒。
色鮮やか、華やかですよね。
なるほどスターターにぴったりで、中身は全然違いますが「キールロワイヤル」を想起させるものがありました。

アペロールスピリッツ

ブラックパレード

プレミアムテキーラ「エスポロンレポサド」、カンパリ、グランマニエ、ミックスベリー、バルサミコ酢(!)、ミルクチョコレートを使ったカクテル。
メキシコの定番お祭りドリンク「テハテ」をアレンジしたドリンクなのだそう。
いただいた4杯の中で最も気に入ったドリンクです。
己のバカ舌にはテキーラよりもカンパリが効いてました。

ブラックパレード

ルナロッサ

2018年のカンパリカクテルコンペの日本大会優勝作品。
カンパリ、ベルガモットリキュール、グレープフルーツリキュール、エルダーフラワーシロップ、フレッシュクリームのカクテルです。
まさかフローズンとは思わなんだ。
ルナロッサは「赤い月」の意味で、たしか湯島のBAR、ESTさんにも同名のオリジナルカクテルがあったっけ。

こちらはジェラートのようで目にも楽しいカクテルで、先客の女性たちがスマホで撮っていた気持ちがわかります。

ルナロッサ

伊達男のチョイワル・リバイバー

締めくくりです。
カクテルの「リバイバー」とは文字通り「蘇生剤」を表すもので、こちらの1杯もデザートというよりはシャキッとする箸休め的なショートでした。
おそらく上述の「ルナロッサ」が後に来るべきだったのでしょうけど、まぁ順番なんか気にしません。

バーボンネグローニともいえる「ブルバルディエ(ブールバルディエ)」のツイストカクテル。
ワイルドターキー8年、カンパリ、アブサン、ドライオレンジ、セージパウダーなど。
加えてチンザノドライに漬け込んだコーヒーがイイ味出してました。
エスプレッソのようなルックスも、しゃれっけたっぷりですね。

伊達男のチョイワル・リバイバー

あっという間に4杯満喫、いやぁ、カンパリってこんなにも変化を楽しめるんですね。
ウレシイ驚きと発見でした。
小川さんのいらっしゃる神戸にまた行きたくなりましたよ。
楽しみに覚えておきます。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性