iPhone 12 Pro Max、au店頭での当日修理交換の流れ。

あなたがもし「iPhone 12」のユーザーで、うっかり背面ガラスを割っちゃったら、解決の答えは「本体交換」しかありません。
この記事では、都内在住の自分が利用するキャリアauで修理に出した当日の流れを書いていきます。
……といっても半ば自分への覚え書き用なので、読みづらさはあしからず。

当日交換は「ショップ持ち込み」で「在庫があれば」可能です。

ショップに予約

  1. iCloudでバックアップを取る。設定>ユーザー名>iCloud>iCloudバックアップで「今すぐバックアップを作成」。このとき「写真」のバックアップがオンになっているかを確認。

TELで訪問時刻を予約する(※電話は繋がりにくいのでネット予約のほうがラク)

  1. 新宿駅東口前の「au Style SHINJUKU」(0800-300-0081)にTEL。
  2. 最初の自動音声案内で#1を選択する(でないと店舗直通でなく、au全体のガイダンスに繋がってしまう)。

予約後

  1. 指定した時刻に訪問する。
  2. 所定用紙に住所・氏名・電話番号・メールアドレスなど個人情報を記入。同じ用紙にAppleの約款が記載されており、これにひとつひとつ目を通してcheckマークを付ける。
  3. 壊れたiPhoneをスタッフに渡し、スタッフのほうで動作確認。
  4. 登録情報等に問題なければ修理受付完了、1時間後くらいに取りに来るように、とのこと。

受け取り

  1. 本体交換のため、新機受け取り。
  2. 修理代金を支払い、作業報告書兼領収書を受け取って完了。

帰宅後

バックアップを復元。これがややこしく、無事に復元できるか心配でしたがOKでした。
というのも、当初iCloudにあるはずのバックアップが存在しなかったんです、一瞬焦りました。

が、このページの通りに操作し、「ソフトウェアアップデート」を実施するとバックアップが現れ、解決しました。

バックアップは最新のiOSをダウンロード後に、一度リセット。
ダウンロードは1時間半くらいかかるうえ、リセットするというプロセスが不安を感じさせました。
あとは現れた最新のバックアップデータを選んで元に戻すだけ。

LINEのバックアップを復活させたり、SNSのログインをし直したりで、結局4時間くらいかかりました。

機種の引き継ぎって、くたびれますよね。
もうあと3年は御免被りたいです。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性