サラリーマンは確定申告を他人事にしないほうがいい。

確定申告の書類作成を終えました。ふー、あとは納付と提出です。めんどい、めんどい。書類の記入(というか入力)自体は1時間ほどで完了したのですが、支払う税金の額に「むむむ」となりました。

ま、それはいいとして。ふだんやらないことにエネルギーを振り向けるのは、ほんとうに「えっこらしょ」の世界。とにかく腰が重い。

確定申告のような手続きは、サラリーマンとして長年食ってしまっていると、きついですね。ジョギング慣れしていない人が、10キロも走ると息切れしてしまうのと同じ。単発で動こうとしたら、そらキツいよね。鍛え方が全然なっておらず、対応する筋肉ができてないので、消費カロリーが増えてしまうってもんです。

フリーランサーや起業家の方々を尊敬するのは、この辺のノウハウや知識があることもひとつ。確定申告でもなければ、税金だの保険料だの放置してしまいがち。こういうイベントで、数字を見るだけでも違うと思います。

今年は使わない筋肉を使いまくってますが。こういうのを後回しせず、いかに効率よくやるか。先憂後楽型のぼくにとってのテーマです。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

紙もウェブもやる編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性