雨天のジョギングは悪くない。

最近、週1のジョギングが定着してきまして、今日は物好きにも雨中にジョギングをしてきました。
小雨になったのを見計らって自宅を飛び出したのですが、2kmを過ぎたあたりで雨足が強くなり。
結局、途中のセブンイレブンで雨ガッパを買って強引に続行。
今日は雨中のジョギングのメリデメについて、少しだけ。

雨天のジョギングのメリット

人が少なくて走りやすい

降雨の中を走る物好きは限られているんだなぁ、と。
約16km走って、自分以外のジョガーと遭遇したのはたったの4人。
いつもは往来のある隅田川テラスもガラガラです。

ジョギングする人だけでなく、ふだんの週末はにぎやかな浅草周辺も人が少なめ。
こんなに走りやすいものかとうれしくなりました。

意外に気持ちがいい

気温が徐々に上がってくる午前から午後にかけて走ることが多い身。
日照がないばかりか雨粒を浴びながらのジョギングながら、コンディションは悪くない。
空いている道と相まって、気持ちよく走れました。

雨天のジョギングのデメリット

とにかく濡れる

これは想像以上でした。
途中で買ったコンビニの雨ガッパは即席仕様なので、本格的な雨粒を凌ぐには無理があります。
下の写真がそれですが、格好の怪しさも満点ですね。
下記で触れる装備をしていたとしても、顔にかかる雨しぶきはタオルで頻繁に拭うことになります。

雨ガッパでジョギング

それなりの装備が必要

必要なものはキャップ(頭部・毛髪をカバーできる)、フード付きウインドブレーカー(雨しのぎと、体の冷えを守る)、防水用・全天候型のランニングシューズ。
これらを着用しているのといないのとでは、かなり違います。
晴天時はさほど気にならなくても、雨の日は用いたほうがいいです。

雨というとサボる口実に使いがちですが、逆手に取って楽しんでみるのもオツなもの。
今後はどんな天気でも走れるように備えを万全にしておきます。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性