運転免許更新は平日がお勧め。

先日、運転免許を更新しました。もちろんゴールド免許です。安全運転ですし、たまのドライブも休日・レジャー使用でしか乗らないからね。

今回の更新で初めて、試験場以外の「運転免許更新センター」に行ってみました。自分が住む東京都では神田(千代田区内神田)と新宿(都庁第二本庁舎2階)にあります。

免許更新センターで更新できる人は優良、一般の対象者。違反および初回更新の人は、試験場でしか手続きできません。都内の試験場は府中、鮫洲、江東の3カ所。土曜、祝休日、年末年始除くすべて手続き可能なため、点数があろうとなかろうと、試験場で手続きする人は多いのではないでしょうか。

今回、免許更新センターで手続きしてみて、平日の更新がいかにラクか思い知らせました。なんといっても短時間で済みます。運転免許センターでの手続きの流れ(各窓口で並ぶ時間&待ち時間含む所要時間)としては、

受付=運転免許証、更新はがき提出(3分)→更新書類記入(5分)→手数料支払い(7分)→視力検査(10分)→写真撮影(5分)→講習待ち(12分)→優良講習(30分)→免許証交付(5分)

と、こんな感じ。トータルで77分。1時間半もかかりませんでした。混雑状況にも寄りますが、試験場での日曜日の手続きでは、なかなかスムーズに行きません。

特に忙しい人ほど、平日に半休取得するなどして、最寄りの免許更新センターや指定警察署(平日、優良のみ)で手続きしてみてはいかがでしょう? 少しのスケジュールのやり繰りで、休日のバッファを大幅に空けることができますよ。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性